幸友ホーム株式会社

土地の見方 境界ブロック

2017.05.18 Thursday

JUGEMテーマ:不動産 売買

 

2017.5.10 土地の見方 境界ブロック

 

先日から、新しいテーマ「土地」で思うがままに…自由に書いています。

今日は、境界ブロックについて

 

自分の土地を売ろうと考えたとき、お隣さんとの境界ブロックは

誰のものですか?と聞かれると思います。。。

「長年住んでいたが・・・そんなこと考えたこともなかった」という人が

多いのでは・・・。

 

自分のもの or 隣の人のもの or 自分と隣の共有 のパターンになるはず。

きれいな境界ブロックならいいけど・・・古くて傾いていたりすると

買い手が嫌がりますね。売る前に、この辺も整理しておくとよいでしょう。

面倒なケースを紹介・・・上記の写真は、ブロックは、お隣さんのもので

さらに控えブロック(転倒防止)が売主の敷地に入っている。しかも、謎の

お隣さんと売主の境界門扉がある・・・

 

これは、近所付き合いが密だった日本の良い時代の証拠だと私は感じている。

お隣のご先祖?「お互い、行き来が便利になるように、ここに門でもつけようかね〜」

売主のご先祖?「そうだね〜便利だね〜」

お隣のご先祖?「悪いが、ブロックが倒れないように、控えのブロックをそっちに作ってもいいかね〜?」

売主のご先祖?「いいよいいよ。安全が一番だからね〜」

なんて、会話がされたかどうかはわからないが、そんな感じで隣の家にお邪魔している控えブロックは

多い。いい話なんだが・・・今の時代には許されない。(なんだか、さみしい時代だね・・・)

みなさんのところは、大丈夫ですか?

 

土地を売ろうと考えている方は、是非ご相談ください。

幸友ホーム株式会社 

メール info@ky-h.com    0466-54-7512 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

幸友ホームオフィシャルサイト

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

最新エントリー

カテゴリ

バックナンバー

最近のコメント

サイト内検索

 

その他

mobile

qrcode