幸友ホーム株式会社

浴槽交換 と ひび割れ補修

2017.01.21 Saturday

浴槽にお湯をはると、量が少なくなる、というご連絡を頂きまして、現場を見に行きました。

浴槽内部の底面の真ん中にひびが入っており、ここから下に漏れているということになりました。

 

浴槽を交換する手配をすることにしたのですが、浴槽交換の日まではお風呂に入れない状況になってしまいます。

 

そこで、ひび割れの部分を仮り修しましょう、ということになりまして、補修してきました。

弊社でお付き合いのある防水工事業者さんに事情を話して材料と使い方を聞いて、

しました。

浴槽の補修部分を紙やすりで平滑にします。

FRP樹脂と硬化剤を混ぜ合わせて塗っていきます。

ガラス繊維(布状)を貼り付けます。

もう一度FRP樹脂を塗ります。

これで乾けば完了です。

※冬で乾きにくいため、ドライヤーを持参すべきでした。(幸いにも居住者の方にお借りすることが出来ました)

 

 

ひびが入っています。

 

 

 

 

ひびの箇所の目印に養生テープを貼り、FRP剤とガラス繊維を重ねて塗っていきます。

 

 

 

 

 

浴槽にはった水が減らなくなりました。

 

 

 

解体・撤去した浴槽の裏面を見てみると、ひびが入っていることが確認できます。

 


コメント
コメントする








   

幸友ホームオフィシャルサイト

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

最新エントリー

カテゴリ

バックナンバー

最近のコメント

サイト内検索

 

その他

mobile

qrcode